渡邊工務店のリフォームはどんなところに特徴がありますか。

住宅リフォームは、小規模なものから大規模なものまでありますが、小さな修理だと専門業者に頼みにくいことがあります。でも渡邊工務店では小さな修理から取り扱っています。くらしに密着したリフォームやリペア。それが渡邊工務店の特徴と胸を張って言えます。

見積りをしてほしいのですが、料金はかかりますか。

お見積り、またお見積りをするための現地調査は基本的に無料で行っております。※詳細調査や設計が必要なプランの場合、料金が発生することもあります。お見積り段階で料金が発生する場合は、必ず事前にご説明させていただきます。

保証期間などを設けていますか?

弊社では、各工事のアフターサービス期間を細かく設定しています。基本的には、メンテナンスの保証期間に2年間の無料期間をもうけております。但し、使用する建材の各メーカーの保証期間を過ぎる場合などは、工事費用は無料でも、実費がかかることがあります。また災害、震災等は保証の対象には含まれておりませんのでご了承ください。

工事費以外でかかる料金はありますか。

大がかりなリフォームの場合で敷地に余裕がなければ、資材置き場や工事車両用の駐車場を借りる必要がございます。仮住まいをする場合は、家賃や引越代がかかります。そのほかにカーテンや照明、家具なども考えておきましょう。

住みながらでも工事はできますか?

小さなリフォームは部屋毎や各階ごとに分けて工事しますので、住居から退去して頂くことはありません。大きなリフォームの場合は、ご入居されながらですと工期が長くなる傾向にございます。また、養生費や荷物移動費が別途かかってまいります。水廻り等の工事の場合、数日間キッチンやお風呂が使えなくなることもありますので、少し不便になることを考慮しておく必要はあります。

工事は何日くらいかかりますか。

工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況により変わりますので一概には言えません。また解体してから初めて問題が見つかり、補修などのために予定よりも工期が延びるようなケースもあります。目安をあげるとすると、内装工事では一週間、ユニットバスの交換は2日、システムキッチンの交換は4~5日、内装工事と水廻りの設備の交換など全面改装で約1か月、間取り変更も含む全面改装なら約1~2か月くらいです(マンション目安)一戸建ての場合では、骨組だけを残しての全面改装は新築よりもやや短いくらいの工期がかかります。工程が複雑で職種が多いと長くかかります。

ご近所への騒音や解体音が気になるのですが。

工事中の騒音は、養生していても抑えきれません。事前に渡邊工務店からご近所の皆様にご挨拶をさせていただきますが、工事規模によってはご本人様もいかれたほうが良いと思います。ご近所の協力は必要ですのでご理解ください。

工事に来てくれる職人さんには、どんな風に接すればいいですか。

工事中は普段と違って人や物が出入りしたり、音が出たりと住んでる方には負担がかかることがあります。無理に気を使っていただかなくても大丈夫です。特に用事がないときは声をかける必要もございません。またお茶やお菓子などもけっこうです。工事中に何か気になることがあれば、職人さんに直接お話し頂かず、担当者にお話し頂けますようお願いいたします。

間取りの変更は自由にできますか。

家屋の構造によってはできないリフォームがあります。代表的な構造で言うと・・・○ 在来工法(最も多い一般的な木造住宅)木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設ける時は、補強なども必要なので検討が必要です。○ 2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築はまず無理と考えたほうがよいでしょう。○ プレハブ工法(メーカー系住宅など)メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般にパネルを合わせた工法のため、開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。○ 鉄骨造在来工法でいう筋かいと同じようなブレースが壁面に入ってるため、壁を取り除いたりには制限があります。○ 鉄筋コンクリート造柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。

収納を増やしたいのですが。

お家の中で使われていない空間、例えば屋根裏や階段の下などが収納スペースの候補地として考えられます。他には床下収納を設けるという手もあります。床下収納は、1階だけでなく2階に設置可能なものもあります。

マンションリフォームはどんなことに気をつければいいですか。

マンションは、管理規約に基づき、共有部分と専有部分に分かれますが、個人でリフォームできるのは専有部分のみです。たとえばバルコニー・ベランダ・ポーチは、避難経路としての役割も果たしているため、共用部分となります。したがって、サンルームや温室を設置したり、タイルを貼ったり、手すりの色を変えたりすることはできません。サッシ窓も自由に取り換えることはできません。窓ガラスは破損することもあり、同素材のものであれば交換することができます。玄関扉は外側が共用部分なので、扉を取り換えたり、色の変更はできません。しかし、内側は専有部分なので、塗り替えることはできます。規制の範囲はそれぞれのマンションによって異なります。ご自身のマンションの管理規約にしっかり目を通しておくことをお勧めいたします。また、マンションの場合は特に上下・左右の近隣に対する騒音などの配慮が必要です。セイワビルマスターでは、騒音や資材搬入など近隣への配慮が必要な工事の着工前にはご近所にご挨拶をいたします。

失敗しないリフォームをするにはどうすればいいの。

今のお住まいの不満点を箇条書きでいいのでメモしてみましょう。できればご家族で相談しながらまとめていくとよいでしょう。漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。また、リフォーム雑誌や本で情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切り取るなどして打ち合わせにお持ちください。住宅設備機器の取り換えの場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や色、寸法をチェックするのも失敗しないためのポイントです。希望の機器がございましたらお気軽におたずねください。

お気軽にお問い合わせください。082-258-1892受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ